正しいニキビのケア方法ってナンジャラホイ?

ニキビって遺伝するの

ニキビ(尋常性ざそう)は遺伝病ではありません。しかし、自分の両親がニキビが出来やすいと、その子供もニキビが出来やすいという話を聞いたことがあります。その為、ニキビは遺伝に関係すると考えてしまいます。
しかし、遺伝に関係する要因は、肌質や体質であって、ニキビ自体ではありません。

 

遺伝に関係する肌質

 

両親が、毛穴が小さく詰まりやすかったり皮脂の分泌が活発で脂性肌だったりすると、その子供もその状態に似たような肌質を受け継ぐことがあります。しかし、それはニキビの生成や悪化に直接関係するわけではなく、きちんとしたケアや対処されれば、ニキビとは関係ない生活を送れることも可能になります。

 

遺伝に関係する体質

両親と一緒に暮らしていると、生活リズムや普段食べるもの等がほとんど一緒になりませんか。その為、ニキビ体質が遺伝したように考えてしまいます。
夜更かしや、普段あまり運動しなかったりすると、新陳代謝も下がりニキビの出来やすい環境が出来るでしょう。又、炭水化物や脂質を中心に摂る食生活では、皮脂の分泌が活発になります。
しかし、これらの生活リズムや食生活についても、きちんと見直されることによってニキビとは関係ない生活を送れることが可能になります。

 

よって、ニキビは遺伝病ではなく生活習慣病の一つとも考えられます。
ニキビの原因やケアの仕方を理解していれば、肌にできてしまっても治すことが可能なのです。両親も出来やすい体質・肌質だし…と落ち込んだり、諦めたりすることは決してないのです。
もし、家族の間でニキビに悩んでいたら、家族みなで生活リズム・食生活を見直してみてはどうでしょう。又、原因や正しい対処の仕方を学んでみてはどうでしょう。家族みなが改善されれば、喜びも一際大きくなりますし毎日の積み重ねもさほど苦痛に感じないかもしれません。